ゆるキャラ『いたっちー』と共に全国のゆるキャラの紹介、ゆるキャラニュース、イベント体験レポートを配信しています!

ゆるキャラニュース

イメージ

2013年10月04日

20131004_002_001ご当地キャラクターの人気投票「ゆるキャラグランプリ」に参戦中の須崎市の新キャラクター「しんじょう君」が2日現在、全国約1500体中13位と大健闘中だ。9月中旬の投票開始後、県外イベントに参加するなどして人気が上昇し、四国の57体(県内14体)の中ではトップ。「優勝も夢ではない」と関係者の応援も熱を帯びている。投票は11月8日まで。
 同グランプリはインターネット投票で競い、2011年に優勝した「くまモン」(熊本県)などは話題になり、経済効果も。しんじょう君は市がデザインを公募し4月に誕生した。
 新荘川のニホンカワウソの愛らしいキャラで、全国のご当地キャラが集まる県外イベントに参加。市の担当者は「新しいキャラなのに、インターネットで既に知っている県外ファンも多い」と驚く。
 鍋焼きラーメンを逆さにした帽子が脱げる着ぐるみも受け、県外イベントで帽子を他の有名キャラにかぶせる〝特技〟も。ゆるキャラ関連の著書があるフリーライター、犬山秋彦さん=東京=もツイッターで「しんじょうくんの可愛さとギミック(仕掛け)と戦略には完敗」と絶賛だ。
 市は毎日、順位を庁内放送する熱の入れようで、しんじょう君のPRを公務と言い切る楠瀬耕作市長は「しんじょう」つながりで山形県新庄市に協力要請。同市がフェイスブックで投票を呼び掛けるなど広がりを見せ、「次はプロ野球元阪神の新庄選手にも」と楠瀬市長。関係者は本気で優勝を狙っている。

記事を読む
(※高知新聞リンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 12:15 
イメージ
イメージ

2013年10月04日

20131004_001_001

“ゆるキャラ”で親しまれている、ご当地キャラクターのオリジナルソングを収録したコンピレーションアルバム『ゆるくないうたコレクション~ご当地キャラクター・ソングス』が11月6日に発売されることが発表され、これを記念してご当地キャラクターバンド“GCB47(ご当地・キャラ・バンド・よんじゅうなな)”が、アルバムに収録されるデビュー曲「GCBのテーマ~GOTOUCHI!LOVE~」をお披露目、ビデオクリップの撮影を行った。

このGCB47の気になるメンバーは、シンガー・ソングライターの石田洋介(Vo&G)をはじめ、東京の八王子市公認キャラクターのたき坊(G)、巣鴨地蔵通り商店街公式イメージキャラクターのすがもん(Percussion)、戸越銀座商店街マスコットキャラクターの戸越銀次郎(Key)、そして埼玉県志木市スポーツ文化振興公社公式キャラクターのカパル(B)、秋田からやってきたニャジロウ(Dr)の6人だ。
20131004_001_001


この日、デビュー曲「GCBのテーマ~GOTOUCHI!LOVE~」をごきげんに披露した後、報道陣による質問コーナーが設けられ、GCB47の結成のいきさつ、エピソードなどを石田洋介が答えてくれた。

まず、GCB47を結成、デビュー決定の感想については、「感無量です。見ていただいてわかると思いますが、壮観じゃないですか? 夢が叶いました。音楽活動をやっているご当地キャラはすごく多いのですが、1人でやるよりは皆で一緒にやったほうが楽しいじゃないですか。それで、演奏の出来る子たちを集めたらこうなった感じですね」という喜びの返答が。
また、“メンバーチェンジは多めです”という曲の歌詞についての質問には、「バンドの音楽のクオリティを保つためにはクビを切ることもあるかもしれませんから、皆さん日々精進していただかないと困る」というまさかの非情なコメントがあり、これには、メンバー一同が“ギョ!”とするようにソワソワした様子を見せた
だが、この歌詞にはもうひとつの意味も含まれており、「バンド名の47は47都道府県からですが、全国各地のご当地キャラ全員がバンドメンバーだよという意味も込めているので、今後新加入するキャラクターもいると思います」ともコメント。
その新加入キャラクターの候補に、「くまモンは? ふなっしーは?」と質問がされるなか、「大人の事情で不参加のキャラクターもいますが、交渉自体は綿密にいろんなキャラクターと行っています」とのことで、再度、「47都道府県全てのキャラクターがバンドのメンバーだと思っていますから」と言い切った。
前述の“演奏の出来る子たちを集めた”という発言のとおり、GCB47は、メンバー全員ガチ演奏。決して当て振りではない。そこで、キャラクターメンバーたちの演奏クオリティーついて聞かれると、「もともとはキーボードを担当する戸越銀次郎のパフォーマンスを見て、ご当地キャラクターたちとバンドを組もうと思った」と言う石田。銀次郎は、アレンジの部分でもアイデアを出し、印象的なフレーズも奏でるとのことだからスゴい。
レコーディングも無事に進み、紅白も目指すと意気込むGCB47。唯一の課題は、演奏の練習をするのに、都内近郊に集まりやすいメンバーが多いなか、ニャジロウだけが秋田在住のため練習不足が懸念される、とのことだが、それ以外は万全な様子。

なお、GCB47は、CDリリース後の11月17日に、志木市民会館パルシティにてデビューライブを行うことが決定している。

ライブでは「まがり間違っても裏でカラオケを流すような邪道なマネはしません!」とのことなので、彼らの生の演奏、パフォーマンスを堪能しに、お近くの方は足を運んでみてはいかがだろうか。

記事を読む


yuru_character at 09:23 
イメージ
イメージ

2013年10月03日

20131003_008_001
清き一票を――。全国のゆるキャラの人気を投票で競う「ゆるキャラグランプリ(GP)2013」(オフィシャルメディアパートナー=読売新聞社)にエントリーしている県内のキャラ「チームもふっこあきた」「スギッチ」「しず小町」が2日、認知度アップを目指して県庁で記者会見し、投票を呼びかけた。

 チームもふっこあきたは、仙北市の「オモテナシ三兄弟」、秋田市エリアなかいちの「与次郎」、鹿角市の「たんぽ小町ちゃん」、秋田の飼い猫「ニャジロウ」の4組のキャラで構成。7月に秋田市で開かれた「ご当地キャラフェスティバル」で“意気投合”し、チームでGPに出場することにした。チーム名の「もふっこ」は、ゆるキャラファンが「癒やされる」などの意味で使う「もふもふする」を秋田弁風にアレンジした。スギッチは県の、しず小町は湯沢市のキャラクター。

 GPには、2日までに、全都道府県や企業、海外などから約1500組がエントリーしているが、県内からは全都道府県の中で最も少ない3組のみ。2番目に少ない山形県や福井県などでも9組で、秋田県は際だって少ない。最も多い埼玉県は72組がエントリーしている。

 投票状況は、2日午後9時現在、もふっこが1792ポイントで201位、スギッチが513ポイントで438位、しず小町が83ポイントで888位。1位は静岡県の「出世大名家康くん」の24万7872ポイントで、50位までは1万ポイントを超えており、県勢は大きく出遅れている。

 記者会見に同席したオモテナシ三兄弟応援隊の土屋和久代表(59)は「ゆるキャラが有名になれば、県の認知度も上がる。応援をお願いします」と話していた。

読売新聞より記事引用



yuru_character at 19:50 
イメージ
イメージ

2013年10月03日

20131003_005_001山県市で6日にある「山県市ふるさと栗まつり」を盛り上げようと、市観光協会のゆるきゃら「ナッチョルくん」がこのほど、県内などのゆるキャラ20体に栗祭りの招待状を送った。

 栗まつりは6日に山県市大桑の「四国山香りの森公園」で開かれる。市の合併10周年を記念し、ゆるキャラショーや市特産の栗のつかみ取りのほか、歌手の水前寺清子さんも参加する。

 ナッチョルくんは市の名産の柿をモチーフにしたゆるキャラ。この日は、短い手でマジックを握り、「ナ」とサイン。「めちゃめちゃ楽しみに待っちょるよ」とPRした。

記事を読む
(※朝日新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 12:17 
イメージ
イメージ

2013年10月03日

takamarukun-AMG003ゆるキャラ日本一を決める「ゆるキャラグランプリ」に、今年も弘前市マスコットキャラクターたか丸くんが参戦!!昨年はエントリーした全国865人(?)のゆるキャラ中、32位の好成績を収めたたか丸くん。今年は念願のグランプリを目指し、応援を呼び掛けている。
 投票は9月17日から始まり、1500人近いゆるキャラがエントリー。昨年よりも厳しい戦いになりそうだ。その中で、たか丸君は10月2日現在110位と好調な滑り出し。
 県内のゆるキャラは、むつ市のムッシュ・ムチュラン1世&マダム・ムチュリー、八戸市のいかずきんズが70位台と健闘しており、たか丸くんも2人に続けと奮闘中だ。

記事を読む
(※リンク切れのためリンクを止めています) 

yuru_character at 12:12 
イメージ
イメージ

2013年10月03日

sanomaru ※写真はファンブックに含まれているものではありません。

佐野ブランドキャラクター「さのまる」のファンブック「佐野のさのまるましまし」が完成、佐野市内の主要観光施設はじめ全国の書店で販売されている。
出版社の依頼を受け、佐野市が監修し制作。初版3500部の半数を同市が140万円で買い取った。「ましまし」は佐野らーめんの業界用語で大盛り。プロフィルをはじめ、さのまるによる佐野ブランド品や名所の紹介、さのまる音頭の振り付けの図解など情報満載。

 B5変型判80ページ、1260円。5、6日には道の駅どまんなかたぬま(同市吉水町)などでサイン会を開く。問い合わせは同市観光立市推進室

ヤフー記事より引用

yuru_character at 12:06 
イメージ
イメージ

2013年10月03日

20131003_002_001京都府宮津市が19年前につくった市のマスコットキャラクター「なみちゃん」が、来年の市制施行60周年を前に復活し、市のPR活動を始めた。11日から始まるイベント「和火(やわらび)2013」を告知する動画投稿サイトに出演し、久々に市民の注目を集めそうだ。
 なみちゃんは、宮津市制40周年記念で1994(平成6)年に作られた。顔は宮津の「み」の字、体形や模様は宮津湾の波や回旋橋をイメージ。着ぐるみも作られ、市のイベントで会場を盛り上げてきたが、ここ10年ほどは忘れ去られ、市の倉庫で眠っていた。
 来年の市制60周年記念式典を企画中に市職員が思い出して約10年ぶりに倉庫から出し、汚れを落とし、ほつれを直して復活した。
 復活第1弾の仕事は「和火2013」の告知。公園のベンチに座ったなみちゃんに、小学生が恐る恐る近づくという内容でタイトルは「和火2013CM」。動画サイト「ユーチューブ」で見ることができる。
 宮津市企画総務室は「生まれるのが早すぎたご当地キャラ。復活を機に、今度は長く愛されるキャラクターに育ってほしい」と話している。来年は、なみちゃん誕生20周年を祝う計画もあるという。

ヤフー記事より引用

yuru_character at 12:01 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002_009_00159年ぶりに京都府宇治市で開かれている「全国お茶まつり京都大会」に合わせ、府内の茶どころの16キャラクターが、府のキャラクター「まゆまろ」を団長に応援団を結成する。1日、まゆまろが宇治市役所を訪ね、宇治のゆるキャラの「ちはや姫」と「チャチャ王国のおうじちゃま」に任命書を手渡した。

 全国の茶の産地が集まり、品評会などを行うお茶まつりは、8月27日に開幕した。11月16、17日は、宇治市内で、茶を試飲する「聞き茶巡り」や抹茶スイーツ販売など、茶の魅力を体験できる催しがあり、茶をアピールする応援団が結成される。

 この日は、まゆまろが「一緒に盛り上げてくださいまし~」と応援団の任命書を手渡し、おうじちゃまは「任命いただいちゃって、うれしいでしゅ」、ちはや姫が「宇治茶の魅力を伝えていくよう頑張ります」と応じ、活躍を誓った。

記事を読む
(※京都新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 22:30 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002_008_001

振り込め詐欺やひったくりなど街頭犯罪への防犯意識を高めてもらおうと、大阪府警は1日、大阪市の商業施設で街頭イベントを開き、府警のシンボルマスコットと市内の21行政区のゆるキャラが注意を呼び掛けた。

 府内の1~8月の振り込め詐欺の認知件数は645件と、前年同期の202件から大幅増。

 高齢者に扮した女性警官が、息子を装った男から電話で現金を振り込むよう要求される寸劇を披露。府警マスコットのきょうだいペア「フーくん」「ケイちゃん」が「電話番号をちゃんと確認して」とアドバイスした。ゆるキャラたちも、うなずくように体を揺すり通行人らにアピールした。
ひったくりは1~6月の認知件数が732件と全国ワースト。自転車の前かごからバッグなどを盗まれるケースが多いため、かごに付けるカバーなどが配られた。

記事を読む
(※スポニチのリンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 21:42 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002_007_0012015年春の北陸新幹線金沢開業をPRするため、石川県が採用したキャラクター「ひゃくまんさん」について、県議会から「かわいくない」「人気が出るのか」など、批判や疑問の声が続出している。開会中の議会で関連質問した県議延べ10人のうち、評価する意見はほとんどなかった。谷本正憲(まさのり)知事は、発表当初こそ不評だったものの、その後人気者になった奈良県のキャラクター「せんとくん」を引き合いに「注目が集まるのは歓迎」と動ずる様子はない。

記事を読む
(※毎日新聞リンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 21:37 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

ご当地キャラクターの日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2013」に県内から出場している14体が苦戦している。今回は初めて1000体を突破して激戦に拍車がかかり、県勢は、湯梨浜町の天女キャラ「ゆりりん」の215位(1日午後7時現在)が最高。関係者は「全国に名を売る格好のチャンス」として、11月8日の投票締め切りまで、あの手この手で巻き返しを図る。
20131002_006_003

県勢のうち「トリピー」は1997年の「夢みなと博覧会」のマスコットとして誕生し、国内で初めて「ゆるキャラ」と呼ばれたとされるパイオニア。県内では抜群の知名度を誇るが、昨年は865体中417位に沈んだ。今年は、県のホームページに「応援コーナー」を開設し、軽快なダンスなどの動画も紹介。ツイッターでは、応援キャッチフレーズを募集。県広報課は「まず200位を狙う」と足場固めを目指す。

20131002_006_002

 米子市特産の白ネギの家族連れキャラ「ヨネギーズ」は初出場。同市役所では庁内のネット掲示板で職員に投票を呼びかけるなど“組織戦”を展開、市企画課は「県内最上位を目指す」と意気込む。
20131002_006_001

一方、3年連続出場で昨年139位と県内トップだった大山町の「むきぱんだ」は、「県内1位は譲れない」(町観光商工課)と鼻息が荒い。お茶や軽自動車のテレビCMにも出演して全国的な知名度も高まり、今月、国立公園・大山で開かれる「とっとりバーガーフェスタ」会場で号外を発行してPRに励む。

mukipanda-TTR005

 倉吉市の白壁土蔵をイメージした「くらすけくん」は優勝を目標に掲げ、「世界にPR」と書いたポスターを作って昨年の162位からの躍進を狙う。
kurasukekun-TTR_002

投票はパソコンや携帯電話で出来る。詳細は「ゆるキャラグランプリ2013」のホームページ

読売新聞より引用



yuru_character at 15:15 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002_005_001上田清司知事は30日、県のマスコット「コバトン」=写真=を「特命宣伝部長」に昇格させる考えを示した。

 公務員ランナーの川内優輝さん(県立春日部高校定時制職員)が「走る埼玉県の宣伝部長」という異名を取っているとし、「宣伝部長が2人いるとつらいので、(コバトンは)特命宣伝部長という手もあるかもしれない」と述べた。県議会の沢田力議員(自民)の一般質問に対する答弁。

 全国各地のマスコットキャラクターの人気をネット投票で競う「ゆるキャラグランプリ」で、コバトンは2011年が40位、昨年が23位。今年の投票期間は11月8日まであるが、50位前後に低迷しているという。

 「ふっかちゃん」(深谷市)などに触れ、上田知事は「日本一ゆるキャラの多い埼玉県なので、エントリーも多くて、くまモン(熊本県)やぐんまちゃん(群馬県)1本に絞っている県と比べるとハンディがある。県民にコバトンへの投票を直接呼び掛けて、上位進出を狙っていきたい」と力が入った。

記事を読む
(※埼玉新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 10:42 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002_004_001八王子のご当地キャラクター「たき坊」が、「GCB(ご当地キャラバンド)47」にギタリストとして参加、11月6日に徳間ジャパンコミュニケーションズ(渋谷区)から発売されるアルバム「ゆるくないうたコレクション~ご当地キャラクター・ソングス」でCDデビューを果たす。

「GCB47」は、ギタリストでシンガー・ソングライターの石田洋介さんがバンドマスターを務めるバンド。ギタリストとして「たき坊」を迎えるほか、ベースを志木市スポーツ文化振興公社の公式キャラクター「カパル」、キーボードを戸越銀座商店街のマスコットキャラクター「戸越銀次郎」、ドラムを秋田発のご当地キャラ「ニャジロウ」、パーカッションを巣鴨地蔵通り商店街の公式イメージキャラクター「すがもん」がそれぞれ担当する。
今回は都内で行われたアルバムのリードトラック「GCB47のテーマ」のミュージックビデオの撮影に合わせ記者会見を開催。これまでにも数多くのご当地キャラのテーマソングを手掛けてきた石田さんは、「ご当地キャラクターは音楽のパフォーマンスをしているものが多い」とした上で、「一人で何かやるよりみんなで一緒やったほうが楽しい」とバンドの結成を決めたという。

 バンドを立ち上げるに当たっては、実際に楽器が弾けるキャラをメンバーとして招集。「レコーディングの現場にも全て立ち会ったが、演奏のクオリティーは素晴らしい」と石田さん。バンドは11月17日に志木市民会館(埼玉県志木市)で行われる「志木市民まつり ~カッパだよ!全員集合!!~」でステージデビューする予定で、「素晴らしい演奏を披露できると思う」と期待を込める。
アルバムには「GCB47のテーマ」に加え、「八王子のゆるキャラを作ろう会」代表で少林寺(八王子市滝山町)副住職の大石さんが作詞した「たき坊」のテーマソング「滝山のたぬきさん」などご当地キャラのテーマソングも収録する。価格は2,000円。全国のCDショップなどで販売。

記事を読む

yuru_character at 10:29 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002_002_001観光庁は1日、観光の振興・発展に貢献したとして、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に登場する鉄道のモデルにもなった三陸鉄道(岩手県宮古市)や熊本県のPRキャクター「くまモン」ら7つの企業・団体などを表彰した。
三陸鉄道は、東日本大震災からの復興と東北地方の観光振興に貢献。くまモンは海外でのPR活動にも進出して、国内外から九州への観光客誘致に貢献したことが評価された。観光庁の久保成人長官から賞状を渡されたくまモンは、全身で喜びを表していた。

ヤフー記事より引用

yuru_character at 09:50 
イメージ
イメージ

2013年10月02日

20131002しゃべるゆるキャラとして、人気急上昇中の千葉県船橋市非公認キャラ、ふなっしーが1日、メジャー歌手デビュー会見を都内で行った。
デビューシングル「ふな ふな ふなっしー♪~ふなっしー公式テーマソング~」(11月27日発売)を集まった取材陣の前で披露。「梨ごときがメジャー歌手デビューするなんて、夢にも思わなかったなっしー。感謝感激梨汁ブシャー」とふなっしー語で喜びを語った。
安倍首相が来年4月に消費税率を5%から8%に引き上げると表明するものとみられている。ふなっしーは「ふな ふな ふな ふな ひゃっはー!」という歌詞に触れ、「27+27+27+27=108なっしー。予言してるなっしー」と胸を張った。

ヤフー記事より引用

yuru_character at 09:44 
イメージ