ゆるキャラ『いたっちー』と共に全国のゆるキャラの紹介、ゆるキャラニュース、イベント体験レポートを配信しています!

ゆるキャラニュース

イメージ

2013年12月13日

20131213_001_001ゆるキャラグランプリで全国1位に輝いた「さのまる」をはじめ、県内のマスコットキャラクターが注目されているが、県内ゆるキャラ元祖ともいえる“大先輩”が人気回復に向けた取り組みを始めた。県民の日マスコット「ルリちゃん」。11月から変身キットの貸し出しを始め、1カ月の貸し出し依頼は31件。ベテランマスコットの鼻息が荒い。
ルリちゃんは今年10月、県誕生140年を記念してデザインをリニューアル。着ぐるみなどの変身キットを使えば、本物のルリちゃんと認められ、営利目的や不適切な使用でなければ誰でも無料で借りられる。「しゃべってはいけない」「変身する姿を見られてはいけない」などのルールがあるが、自治会の催しや学園祭など身近なイベントでもルリちゃんが登場、好評だ。

 ルリちゃんは昭和61年に誕生。県のイメージアップの先頭に立ち、平成7年には県警のマスコットにも任命され、活動の幅を広げていた。ところが、21年に誕生した「とちまるくん」がゆるキャラブームに乗って活躍すると、ルリちゃんの出番は減少。今年度も10月末までのイベント出演はわずか14件だった。だが、貸し出しを始めた11月は1カ月で19件と“V字回復”の兆しをみせた。

 宇都宮市横山のニュー富士見ローズタウン自治会では、毎年開いている文化祭で変身キットを借り受け、ルリちゃんが登場。子供たちが歓声を上げて駆け寄り、小学1年の古郡英流(えいる)ちゃん(6)は「羽がかわいかった。また来てほしい」。ただ、「ペンギンかな」との声や「とちまるくん!」と呼びかける子供もおり、知名度の低さも浮き彫りに。

 県民文化課は「県のマスコットはとちまるくん」と役割分担を明確にしながらも、今年はエントリーしなかったゆるキャラグランプリについて「今は何とも言えないが、出場できるぐらいに皆さんに親しんでもらえるよう努力していく」と、来年のエントリーに含みを持たせた。意外なベテランマスコットが巻き返しをみせるかもしれない。

ヤフー記事より引用

yuru_character at 12:05 
イメージ
イメージ

2013年12月12日

20131212_004_001長久手市の愛・地球博記念公園内でスマートフォンを使うと、県内45市町村の54体のゆるキャラが登場し、園内を案内するサービス「ゆるキャラの森」が始まった。県が手がけたもので、ゆるキャラを広く紹介することで、地域の知名度アップにつなげたい考えだ。

 同サービスには、実際の風景に動画や画像を重ねて表示できる「拡張現実(AR)」技術が使われている。園内の施設やスポット54か所にゆるキャラが配置されており、スマホをかざすと、画面にゆるキャラと吹き出しが現れ、案内する。施設の位置をゆるキャラと一緒に地図上で確認することもできる。

 岡崎市公認の「オカザえもん」や、半田市出身の児童文学者、新美南吉にちなんだ「ごん吉くん」も登場。スマホ上でゆるキャラとの記念撮影もできる。

 また、サービスの一環として、ゆるキャラやそれぞれの市町村を紹介する動画も制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。サービスについては、ウェブサイト(http://www.yurumori‐aichi.com)で説明している。

 県情報企画課では「ゆるキャラを通じて各市町村の魅力を知ってもらい、地域振興につなげていきたい」としている。

記事を読む
(※読売新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 19:14 
イメージ
イメージ

2013年12月12日

20131212_003_001調布駅前広場(調布市小島町2)で12月14日、「調布ウィンターフェスティバル&ゆるキャラダンスナイト」が開催される。
調布市観光協会が歳末商戦に向けて商業振興や観光振興、復興支援を目的に企画した同イベント。照明デザイナー・ヤノダイスケさんがプロデュースし、同会場をライトアップする中、調布にちなんだ「ゆるキャラ」が集合し、来場者などと音楽に合わせダンスを踊る。出場キャラは、東京都のスポーツ推進大使「ゆりーと」や仙川商店街のマスコット「ハーモニー君」、グリーティングin多摩の「柴崎さき」、深大寺だるま踊りのだるチャンプロデュース「だるチャン」、パルコのキャラクター「パルコアラ」など。

 同市内の飲食店や東北の物産ブースなども用意するほか、同駅周辺の商店街を歩きながら「ゆるキャラ」を探す「ゆるキャラウォークラリー」も開催する。

 同協会の木村さんは「調布駅が地下化してから1年以上が経過し、駅周辺も日を追うごとに変化している。今後はさらに駅前が広がり、さまざまなイベントを駅前で開催できるようになるので、今回はその先駆け的なイベント。将来は毎週末駅前でイベントが開催され、にぎやかな調布のまちづくりをしていきたい。今回のイベントでは東北や伊豆大島への復興支援もするので、ご協力いただければ」と話す。

 開催時間は11時~18時。ライトアップは16時30分~20時ごろ。

記事を読む

yuru_character at 12:19 
イメージ
イメージ

2013年12月12日

20131212_002_001日光市の日光ブランド認定制度で、食部門の認定商品を決める投票をPRするため、同市の観光キャラクター「日光仮面」とキャラバン隊が4日、下野新聞社を訪れた。

 同市は食、自然、歴史、文化、風習の分野別に地域資源のブランド化を進めている。一般投票と、審査委員の審査により認定する。

 食部門には60品目がノミネートされており、25日まで投票を受け付ける。認定商品を予想し、認定商品1万円分の詰め合わせが当たる「日光ゆめぱっくプレゼントキャンペーン」も実施している。

 キャラバン隊は、石田屋の日光甚五郎煎餅、片山酒造の酒ケーキなど、ノミネート品を持参し、広く投票を呼び掛けた。

 日光仮面は担当者を通じ、「日光にはおいしいものがたくさんあるので、これを機にいろいろ食べて、新たな日光の魅力を知ってもらいたい」と話した。

 投票は日光ブランドキャンペーンページから。食部門の認定は来年2月上旬の予定。

記事を読む
(※下野新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 11:53 
イメージ
イメージ

2013年12月12日

20131212_001_001国東市をPRする文字やキャラクターをボーイング737にデザインしたソラシドエアの「世界農業遺産の里 国東号」が3日、就航した。運航するスカイネットアジア航空(宮崎市)によると、民間機の機体を使った自治体PRの取り組みは県内で初めて。
 羽田(東京)発の就航便が午前8時25分ごろ、大分空港(国東市)に到着。三河明史市長、高橋洋社長らが出席し、折り返し便の搭乗口前で記念式典が開かれた。三河市長は「この機体を見て、多くの方に国東へ来てほしい」とあいさつ。乗客に特産物や搭乗証明書などの記念品を配った。
 「国東号」は主翼後方の側面と搭乗口脇に、「世界農業遺産の里」「国東市」などの文字や原木シイタケ、ため池などの図柄、市のPRキャラクター「さ吉くん」などが配置されている。市の観光情報を掲載したオリジナル機内誌も各座席に用意した。
 市が同社の地域振興事業を活用。1年間にわたって大分―羽田など国内8路線を運航する。

記事を読む
(※リンク切れのためリンクを止めています) 

yuru_character at 11:42 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_007_001愛知県岡崎市のご当地キャラクター「オカザえもん」が切手になった。日本郵便東海支社が12日から、市内39の郵便局で3千シート限定での販売を開始。市民からの待望論が強かったといい、担当者は「この切手が貼られた手紙が全国に送られ、岡崎市の知名度が上がれば」と期待する。

 おかっぱ頭にぎょろ目という独特の容姿で、「ござる」が口癖のオカザえもん。デビュー以来、1年間ですっかり地元の人気者になり、市内の郵便局には以前から「オカザえもんの切手を作って」との声が寄せられていたという。

 切手シートは1200円で、寝そべったり、太鼓をたたいたりする姿があしらわれた80円切手10枚のほか、「好きな食べ物は(岡崎特産の)八丁みそを使った料理」などと記したプロフィルも付いている。

 オカザえもんは取材に「手紙を書いて、この切手で出してほしいでござる」とアピール。好評の場合は第2弾も検討されるといい、「次は岡崎市の観光名所と一緒に切手になりたいでござる」と語った。

記事を読む
(※スポニチのリンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 23:49 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_006_001「レコチョク年間ランキング2013」の授賞式が行われ、千葉県船橋市の非公認ゆるキャラ・ふなっしー、ゴールデンボンバーらが出席した。「着信ボイスランキング部門」で1位を獲得したふなっしーは、テレビやイベントで引っ張りだこのため、少々お疲れ気味。語尾に「なっしー」を付けるしゃべり方が特徴だが、受賞の喜びを聞かれると「賞を頂けて感謝しています」と普通にコメントしてしまい、慌てて「…なっしー」を付け足して「危なかったなっしー」と冷や汗をかく場面も。来年の抱負については「ゆっくり休む。もう疲れちゃったなっしー」と答え、「正月は南の島でゆっくりするなっしー!」と話していた出席者:ふなっしー、ゴールデンボンバー、MAKIDAI(EXILE)、ケラケラ

記事を読む
(※時事通信社リンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 23:23 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_005_001ぐんまちゃんの人気が高まる中、高崎市鼻高町の吉田だるま店は、ぐんまちゃんをデザインしただるま作りに追われている。
だるまは高さ6センチ、9センチ、12センチの3種類。絵付けなど細かい作業が多いため、製造できるのは1カ月300~400個という。吉田昌弘社長(48)は「ゆるキャラグランプリ後に注文が増えた。来年用のだるまと並行して作っており、とても忙しい」と話す。

ぐんまちゃんだるまはJR高崎駅などの土産店で販売されている。

記事を読む
(※上毛新聞リンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 16:27 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_004_001日ごろの応援に感謝を込めて-。サンタクロースになった射水市のゆるキャラ「ムズムズ」が、二十四日のクリスマスイブに市内の家を訪れる。

 今年のゆるキャラグランプリで初めて百位以内にランクインしたのを記念し、今年初めて企画した。

 一軒限定で、二十四日の午後一~六時に訪れる。応募は十~十九日まで申し込みを受け付ける。

 年齢制限はないが、希望者はムズムズのPRに協力している企業のブログ(日記風サイト)から応募。「ムズムズくんと一緒にやりたいこと」と「ムズムズくんへの愛のメッセージ」をそれぞれ記入し、その内容から訪問する先を選ぶ。

 会見したムズムズは画用紙に手書きで「くりすますいブ さんたさんにへんそうして いみずのよいこのおうちにいきます」とメッセージを寄せた。

 申し込みは「イミズカワイイセレクト100」で検索。

中日新聞より引用



yuru_character at 16:02 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_003_001鹿児島県のPRキャラクター「ぐりぶー」が主演するテレビドラマが、来年1月から始まる。

 タイトルは「かごしまプロモーション課長 ぐりぶー物語」。相方の「さくら」や県内各地のゆるキャラも出演し、特産品や名所を紹介する。県観光課は「史上初のゆるキャラドラマ。ゆるキャラの力を結集し、県の知名度アップを図りたい」と意気込んでいる。

 ぐりぶーは昨年12月、県のかごしまプロモーション課長とPRキャラクターに就任した。今年度の出動回数は11月末現在、昨年度同期比で約7倍の232件、グッズやイベントチラシなどへのデザイン使用数は約6倍の179件に上るなど、人気急上昇中だ。

 ドラマは、課長のぐりぶーと幼なじみのさくらの恋模様が中心。ぐりぶーが“人間関係”や仕事に悩みながら、地域活性化のあり方について考えていく。時事ネタも織り込み、「本格トレンディードラマ」を目指すという。「イーサキング」(伊佐市)、「ばららちゃん」(かのやばら園)、「薩摩剣士隼人ファミリー」など、県内の様々なゆるキャラも出演する。

 製作は「薩摩剣士 隼人」を手がけた「ボッケモンプロ」(鹿児島市)が担当。各回の放送後、インターネットの動画サイト「ユーチューブ」でも公開し、英語の字幕なども交えて国内外にPRする。

 県庁で記者会見があり、出演する県内のゆるキャラ約40体が集結。ぐりぶーは「体が大きいから、部屋の出入りやエレベーターの乗り降りのシーンが難しかったぶー」と撮影の苦労について語った。製作総監督の外山雄大さんは「かわいいだけでなく、ゆるキャラが県民の間に根付くような作品に仕上げていきたい」と話した。

 ドラマは南日本放送(MBC)で1月5日から放送される。日曜日の午前6時40分からの5分間で、全10回の予定。初回は鹿屋市出身のタレント、国生さゆりさんも出演する

記事を読む
(※読売新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 15:59 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_002_001北海道帯広市の十勝総合振興局で10日、十勝の食をPRするキャラクター「ぶだどんまん係長」に手編みのマフラーがプレゼントされた。

 同振興局は6月、十勝名物の豚丼にあやかり、「とかち豚丼振興局」の愛称を付けた。係長の「ぶたどんまん」はイベントなどに追われる日々で、職員有志が労をねぎらおうと、勤務時間外に長さ約5メートルのマフラーを編み上げた。

 師走に入って寒さが増す十勝。マフラーにはボーナスの意味もあり、心のこもった贈り物にごきげんの係長だが、橋本博行局長の真意は「これで冬のイベントも乗り切れるでしょう」。

毎日新聞より引用



yuru_character at 00:50 
イメージ
イメージ

2013年12月11日

20131211_001_001浜松市は、今年の「ゆるキャラグランプリ(GP)」で目標の1位を逃して2位になった市マスコットキャラクター「出世大名家康くん」の断髪式を18日、都内で行う。家康くんはGPの投票開始前から、1位を逃した場合は自慢のウナギのちょんまげを落とすと公約していた。
GPには国内外から過去最多の1580体がエントリーした。家康くんは途中まで首位を独走していたが、栃木県佐野市の「さのまる」に逆転され、約5万5千票差の2位(114万8585票)に終わった。結果を受け、家康くんは1日に市内で開かれたGPの報告会で「公約通り出家大名になる。武士に二言はない」と宣言していた。断髪式は東京都千代田区の都市センターホテルで午後1時から。家康くん自ら「出家宣言」するという。

ヤフー記事より引用

yuru_character at 00:28 
イメージ
イメージ

2013年12月10日

20131210_002_001彦根城で9日、迎春用のしめ縄作りが行われ、市の人気キャラクター、ひこにゃんが作業を手伝った。

 しめ縄は、同城管理事務所作業所で10本製作。26日に天守の入り口などに飾る。ひこにゃんの参加は5回目。天守に通じる天秤櫓(てんびんやぐら)(重要文化財)に取り付ける一番大きいしめ縄(長さ6メートル、太さ45センチ、重さ50キロ)の製作に加わった。

 赤い法被姿の職員10人が、彦根市の農家から提供してもらったもち米のわらを力を合わせて三つ編みにする中、ひこにゃんが白い手を添えてわらを手繰った。時折愛嬌(あいきょう)を振りまく姿に、職員も表情が和み「いつもながら、かいがいしい」と喜んでいた。

記事を読む
(※読売新聞リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 12:04 
イメージ
イメージ

2013年12月10日

20131210_001_001箕面市の阪急箕面駅にある「もみじの足湯」で「箕面ゆず湯まつり」が開かれた。湯船に浮かぶ箕面特産のユズの香りに、観光客らはほっこりとしていた。17、18日と20~23日にも行われる。

 23日までの「箕面ゆずフェア2013」のイベントの一環で、市のゆるキャラ「滝ノ道ゆずる」も「駅の足湯に入ってね」とPRにかけつけた。

 このほか、21日に箕面温泉スパーガーデン(同市温泉町)、22、23の両日は箕面湯元水春(同市船場東)でもユズ湯サービスがある。いずれも、有料。問い合わせは、箕面商工会議所

ヤフー記事より引用

yuru_character at 11:32 
イメージ
イメージ

2013年12月09日

20131209_004_001県のマスコットキャラクター「とちまるくん」のデザインの使用承認件数が、昨年度の4倍近くとなるペースで増えている。1種類しかなかったデザインを4月に大幅に増やし、インターネットで公開したことが理由とみられる。

 県は2009年、利用を増やして認知度を高める目的で、とちまるくんの図柄の使用を企業や団体に無料で開放した。当初はランニングシャツを着たとちまるくんが両手をあげているポーズのみだったが、ゆるキャラブームの過熱や「種類をもっと増やして」との要望を受け、4月にデザインを約420種類に増やした。

 お辞儀するとちまるくん、渡良瀬遊水地を背景にしたとちまるくん、稲刈りをするとちまるくん――。場面、土地柄、季節性に応じたバリエーションを用意し、ネットで公開も始めた。

 せんべい製造会社「木村」(宇都宮市)は8月、20種類のとちまるくんをプリントしたせんべいを発売した。小山市では結城紬を織るデザイン、佐野市では佐野ラーメンを食べるデザインを販売し、販売数トップの商品に育った。同社は「子供から大人まで、手にとってもらいやすい」と語る。

 利用承認件数は、昨年度は年間191件だったが、今年度は10月までの7か月間で417件に上っている。

 観光客に好評で、追加デザインの要望も相次いでいることから、県はさらにデザインを増やしたい考え。県地域振興課は「とちまるくんの認知度向上も図れる。もっと利用してもらうための環境を作っていきたい」としている。

記事を読む
(※リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 23:27 
イメージ