ゆるキャラ『いたっちー』と共に全国のゆるキャラの紹介、ゆるキャラニュース、イベント体験レポートを配信しています!

ゆるキャラニュース

イメージ

2013年08月21日

泉州最大の夏のフェスティバル「関空夏まつり」が24、25の両日、関西国際空港で開かれる。滋賀県彦根市の「ひこにゃん」などが出演する「ゆるキャラフェスティバル」のほか、全国のグルメを集めた「逸品縁日」、人気キャラクター「ポケットモンスター」のイベントなどの催しが行われる。

 関空の魅力を知ってもらおうと、同空港と産経新聞社が企画。毎年6万人以上でにぎわっている。ゆるキャラフェスには、ひこにゃんのほか、南泉州の「なすびん」や泉佐野市の「イヌナキン」、関空の「カンクン」「ブービィ」、宮城県の「むすび丸」などが登場。24日には「くまモン」も登場する。逸品縁日では、トウモロコシやジャガイモなど北海道の味覚を集めた「十勝フェア」、石垣牛のステーキや仙台の牛タンなど同空港の国内就航地にちなんだブースなど約30店舗が出店する。

 
両日とも午前10時から午後5時まで。

記事を読む
(※リンク切れのためリンクを止めています)



yuru_character at 09:43 
イメージ
イメージ

2013年08月21日

kouchan8月18日、ゆるキャラ界にインパクト絶大のニューフェイスがデビューしました。
茨城県北茨城市のゆるキャラ『こうちゃん』(写真左)です。北茨城市を代表する魚・アンコウをデザイン化したもので、「北茨城市民夏まつり~復興実現祭」でお披露目されました。写真中は『こうちゃん』の相棒で北茨城市観光ナビゲーターの「あんちゃん」。

記事を読む

yuru_character at 09:41 
イメージ
イメージ

2013年08月20日

今秋のネット人気投票「ゆるキャラグランプリ(GP)2013」のエントリーの受け付けが19日始まり、浜松市は市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」の登録に合わせて、市職員で構成する二つのプロジェクト・チームを同日発足させた。チームは、職員に投票の周知徹底を図るとともに、市民や民間企業、外郭団体などへも働き掛ける具体的な「作戦」に取り組み、家康くんの天下獲(と)りを目指す。
 家康くんは昨年のGPで14万票近くを獲得して県勢最高位の7位に入ったが、1位の「バリィさん」(愛媛県今治市)とは4倍近くの得票差。「昨年は結果的に呼び掛けが足りなかった。今年のGPに懸ける市の『本気度』を内外に示したい」(市広聴広報課)と発足させたのがプロジェクト・チームで、職員の機運を高めて官民挙げてオール浜松体制で臨む方針とした。
 市役所で任命式が行われ、鈴木康友市長が「家康くんが1位になれば浜松全体のプロモーションにも大きな貢献ができる」と強調。「一票一票の積み重ねが大事になり、緻密な計画と大胆な行動で浜松一丸となって票を掘り起こしてほしい」と激励し、伊藤篤志副市長らとともに「頑張ろう」と気勢を上げた。
 この後、初の作戦会議を開き、市の10課の代表者でつくる「内を固める」「外と取り組む」の二つのプロジェクト・チームの職員らが意見交換して、アイデアを出し合った。

ヤフー記事より引用



yuru_character at 11:25 
イメージ
イメージ

2013年08月20日

20130820_001_001愛媛県勢の連覇なるか―。県イメージアップキャラクター「みきゃん」が19日、ゆるキャラグランプリ(GP)に初めてエントリーした。昨年は今治地域のバリィさんが栄冠を獲得。みきゃんは9月の投票開始に向け「愛媛を一生懸命PRして上位を目指すけん、応援してね」と通訳を介し、第一声を上げた。
 みきゃんは公募を経て2011年11月11日に誕生した。ハート形の鼻とミカンの花のしっぽがチャームポイント。国内外を合わせ、これまで350回近いイベントに参加して愛嬌(あいきょう)を振りまき、愛媛をPRしてきた。
 昨年はバリィさんを後押しした中村時広知事は「みきゃんの全国的な認知度はどうか、腕試しをさせたい。愛媛のイメージアップのため、応援をお願いします」とのメッセージを寄せた。

ヤフー記事より引用

yuru_character at 11:22 
イメージ
イメージ

2013年08月19日

20130819_001_001『ゆるキャラグランプリ2013』のキャラクターエントリーが今日、8月19日から始まりました。ゆるキャラブームの中、今年はエントリーが1000体を超える予想も!!いったい今年はどんなキャラクターが頂点に立つのでしょうか?
エントリーは9月30日まで、投票開始は9月17日(火)午前10時から。

詳細は⇒ゆるキャラグランプリ2013まで


yuru_character at 13:13 
イメージ
イメージ

2013年08月18日


20130818_001_001

ひこにゃんやくまモン、バリィさんら、ご当地ゆるキャラが全国区で人気を集める一方、
次にブレイクしそうなキャラクターとして今、最も注目を集めるのが「オカザえもん」だ。

オカザえもんは、愛知県岡崎市の“アート広報大臣”の肩書きを持ち、先日の『ご当地キャラ総選挙2013』では、千葉県船橋市の非公式キャラ「ふなっしー」に続く2位を獲得した。

そのオカザえもんが8月7日、東京・表参道のキデイランド原宿店に登場。キデイランドによると、総選挙で2位になった効果もあって「ニュースで見た!」と、若い男女らが店頭に大勢駆けつけたという。そして、オカザえもんと2ショットできる撮影会イベントが2回行われ、最初の13時の回では約100人が炎天下の中でオカザえもんの登場を待つなど、黒山の人だかりができ、大いに盛り上がった。

オカザえもんは報道関係者からの質問に筆談で「(2位の結果には)感謝感謝とにかく感謝」「(DVD化や書籍化などはあるかについて)はなしがあればやります。いまだまだないです!」などと回答。「岡崎をPRすることが第一目標」とし、岡崎城や八丁味噌などをアピールしていた。

なお、キデイランド原宿店では、1階「オカザえもん」コーナーで、ペンや消しゴム、ノート、クリアファイルなどの文具をはじめ、タオルやiPhoneカバーなど先行発売商品を含めたグッズ約30点を販売している。

20130818_001_002


















記事を読む



yuru_character at 13:09 
イメージ
イメージ

2013年08月17日

nishikokun東京都西国分寺出身のご当地キャラクター「にしこくん」がこのほど、アルバイト探しの総合サイト「フロム・エーナビ」のCMキャラクター「パン田一郎」の部屋を訪問したことが明らかになった。にしこくんが美脚を披露する様子などが、同サイトの公式フェイスブックのパン田くんの日常生活を紹介する企画「あるバイト青年の日常☆パン田くんの部屋」で公開された。

 
記事を読む



yuru_character at 21:53 
イメージ
イメージ

2013年08月17日

20130817_002_00119日にエントリー受け付けが始まる「ゆるキャラグランプリ2013」に自衛隊が初参戦することが16日、分かった。自衛隊兵庫地方協力本部の「ひょうちん」で、自衛隊らしからぬかわいらしさが魅力。「自衛隊の活動を広く知ってもらい、親しみを持っていただきたい」と出陣を決めた。しかし、ひょうちんには絶対チビっ子に知られちゃいけない“弱点”があることが判明。何とも“ゆる~い”その弱点とは…。
「ひょうちん」は、2年前に一般公募で決定したキャラクター。兵庫県の「ひ」の字をモチーフに、丸くかわいらしさを強調。頭の緑、腕の水色、足の青は「陸・海・空」を表現。頭には、兵庫県の花「のじぎく」がついている。名前は「兵庫地方協力本部」から「兵(ひょう)地(ち)ん」とした。
自衛隊のイメージからあえてほど遠くしたのは「小さいお子さんにも親しみを持ってもらうため」(同本部広報班長)で、1年ほど前に着ぐるみを製作。今では地域のイベントなどでは人だかりができる人気という。
唯一の自衛隊らしさはたまに着用する迷彩服。しかし、これにはチビっ子には絶対に知られちゃいけない“秘密”がある。広報担当の隊員は「実は背の高い隊員が入ると、着ぐるみの間から足が出てしまうのであります。それを隠すためという理由もあって迷彩服をはくのであります。自分も1メートル80ありますが、入った時は大変でしたっ!」と、スポニチ本紙に“トップシークレット”を暴露。屈強な隊員が着ることによるまさかの“弱点”を迷彩服でカバーしているのだった。
自衛隊として初めて参戦する、ゆるキャラ界の大決戦。「幹部会議」を開いて決定した。「自治体さんのキャラクターなどとは違って、商業的な派手な活動はできませんので、少しでも自衛隊の活動の知名度を上げられたらということで出場することにしました。今年の大きな活動目標がゆるキャラグランプリに出場することです」(広報班長)という重要な“任務”になる。

記事を読む
(※リンク切れのためリンクを止めています)

yuru_character at 16:56 
イメージ
イメージ

2013年08月17日

20130817_001_001山陰の小京都として知られる島根県津和野町の観光地を、県と同町の「ゆるキャラ」が巡るPR映像の撮影が16日、同町後田の殿町通りなどであった。7月28日の記録的豪雨で被災した同町のうち、被害が少なかった町中心部の観光地を紹介する目的で県が企画した。

 県観光キャラクター「しまねっこ」と、町イメージアップキャラクター「つわみん」が、江戸時代の町並みの残る殿町通りに登場。掘割を泳ぐコイに餌を与えたり、近くの保育園で園児とダンスを踊ったりする様子を、県の委託した映像制作会社スタッフが撮影した。

 7月の水害で、町中心部の旅館ではキャンセルが相次ぐなどの影響が出ている。撮影した映像は近く、県のホームページや動画投稿サイトで紹介する。


【写真説明】
殿町通りを歩く、しまねっこ(手前)とつわみん

ヤフー記事より引用



yuru_character at 16:51 
イメージ
イメージ

2013年08月16日

IMG_85102013年8月16日(金) みなとみらい盆踊りにY-CATのキャラクター
『キャティ』が登場。
子供達と一緒に盆踊りを踊ったり・記念撮影をしたり人気者でした。

上の写真はこっちに向かってポーズしてくれました!

明日は西区のキャラクター『にしまろちゃん』が
登場予定です!

IMG_8515



yuru_character at 17:30 
イメージ
イメージ

2013年08月15日

20130815_003_001石川県は14日、北陸新幹線開業に向けた観光PRに活用するマスコットキャラクター(ゆるキャラ)のデザインを発表した。郷土玩具の「加賀八幡起上(おきあが)り」をモデルに、輪島塗や金沢箔(はく)、加賀友禅、九谷五彩を取り入れ、加賀百万石の豪華絢爛(けんらん)さを強調した。愛称は公募で9月13日まで受け付け、中旬に発表する。
県出身デザイナー4人によるコンペを行い、田中聡美さん(金沢美大卒、金沢市)の案が採用された。県によると、首都圏誘客のキャッチコピー「いしかわ百万石物語」を象徴するデザインとなっている。

 マスコットキャラクター作成委員会の早川和良委員長(県観光総合プロデューサー)は選定基準について、「全国のゆるキャラと同じ土俵で勝負するのではなく、『さすが石川』という大物感を意識した」と述べた。

 着ぐるみを製作し、10月下旬に東京で開かれる「日本橋・京橋まつり」への参加を皮切りに、新幹線開業イベントに活用していく。開業PRを目的にした民間のゆるキャラ利用について、県はデザイン使用料を無料とする。

 県全体をPRするゆるキャラづくりは、3月のSTEP21県民推進会議で提案された。

ヤフー記事より引用



yuru_character at 23:07 
イメージ
イメージ

2013年08月15日

20130815_002_001

弘南鉄道弘南線で9月1日、沿線市村のゆるキャラと電車で触れ合えるイベント「キャラ電の日」が行われる。当日は平川、黒石、田舎館のゆるキャラ8体が集合。担当の平川市商工観光課は「親子で楽しんでもらえるイベント。ぜひたくさん参加してほしい」と呼び掛けている。。
 定員は80人。料金は大人2500円、小学生以下は1500円。(電車代、グッズ、昼食、田んぼアート見学券付き)。申し込み締め切りは28日。
 

陸奥新報より引用

yuru_character at 12:11 
イメージ
イメージ

2013年08月15日

20130815_001_001 1

 「私に名前を付けてください」-。広川町商工会青年部は、自分たちで考案したまちおこしマスコットキャラクターの名称を募集している。担当者は「広川町のゆるキャラ』として、町の活性化に生かしていきたい」と話している。

 キャラクターは青年部がまちおこしスイーツとして開発した、町特産のイチゴ「あまおう」をクリームやスポンジに練り込んだお菓子「初恋ぶっせ」がモチーフになっている。久留米絣(がすり)やガーベラなど、町の特産品もデザインに盛り込んだ。性別は女性で、趣味はフルーツ畑めぐり、チャームポイントはそばかす、という設定。

 採用された名称は10月にある「広川まつり」で発表する。採用者には、町内で使える商品券3万円分などが贈られる。

 町産業展示会館内のひろかわ藍彩(あいさい)市場や、役場などに置いてある専用の用紙に、キャラクターの名称と理由、投票者の氏名、年齢、住所、電話番号を記入し、応募箱に入れる。20日締め切り。

=2013/08/15付 西日本新聞朝刊=



yuru_character at 12:03 
イメージ
イメージ

2013年08月14日

豊能町のイメージキャラクターを選挙で決める「町民総選挙」の投票が同町で行われている。「候補者」はゆるキャラ6体。いずれも全国からの応募作品で、町民は“未来のスター”選びに頭を悩ませている。
豊能町は戦国時代のキリシタン大名、高山右近の出生地とされ、なにわの伝統野菜の高山真菜(まな)などの産地でもあるが、府北部の山間部の地味なイメージもぬぐえない。そこで、熊本県の「くまモン」などの人気にあやかろうとキャラクターを作ることになった。
全国から寄せられた892体のキャラクターの中から、選定委が6体を選出。高山右近やコスモス、野菜などを素材にデザインされている。
選挙権は町民のみで1世帯に1票。町はポスターを作製したほか、投票用紙付きの広報誌を全世帯に配布し、今月1日から町役場などの投票所や郵送で受け付けをスタート。16日まで行われ、11月の豊能まつりで結果を発表するという。
町の担当者は「どんなキャラクターが生まれるか楽しみ。投票率100%を目指します」と話している。

ヤフー記事より引用。

yuru_character at 10:33 
イメージ
イメージ

2013年08月14日

姫路市が8月5日、運営する同市公式ホームページに市と市の関連団体が所有するイメージキャラクター「ゆるキャラ」を紹介するコーナー「姫路市キャラクター名鑑」を開設した。
「ゆるキャラ」19シリーズ26体を紹介する同名鑑。姫路市制120周年と姫路城築城400周年、姫路港開港50周年を記念して2009年に誕生した「しろまるひめ」を筆頭に、2014年放映予定のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」によるご当地観光ブームにあやかろうと、ドラマの主人公で姫路ゆかりの戦国武将「黒田官兵衛」にちなみ今年5月に誕生した「かんべえくん」などを一堂に集める。
「こんなにいたのかと驚いた。19シリーズのうち、市内でよく見かけるのは『しろまるひめ』『かんべえくん』。残る17シリーズは、ほとんど知らない」と話すのは、姫路市在住の前田衛さん。「いずれのキャラクターにもかわいらしさはある。もっと露出を増やしてもらえれば人気を呼び起こすこともできるのでは」と注文を付ける。「着ぐるみ化されているキャラに関しては、地域のイベントなどへも気軽に呼べるようにしてほしい」とも。
ページを制作した姫路市広報課の室井崇志さんは、「市関連のキャラクターを広報課でとりまとめた。『意外にたくさんいたな』という印象は、確かにある」と振り返り、「各キャラクター利用の手順については、問い合わせ先をわかりやすくするなど改善に努めたい」と話す。

記事を読む

yuru_character at 10:25 
イメージ