ゆるキャラ『いたっちー』と共に全国のゆるキャラの紹介、ゆるキャラニュース、イベント体験レポートを配信しています!
イメージ

2013年10月03日

20131003_009_001【鹿追】JA鹿追町(佐藤雅仁組合長)の“ゆるキャラ”「くてくぅ」が9月29日の「第32回ふるさと産業まつり」でデビューした。カウボーイ姿に鹿の角を生やしたニューヒーローは子供たちに大人気だった。

 同青年部(菊池洋一部長、部員92人)が、町の農畜産物のPRと食育の推進を目的に、消費者に効果的に伝えるキャラクターを作ろうと企画。今春、町内の小・中学生と高校生を対象にデザインを募ったところ、250点のアイデアが集まった。審査の結果、鹿追高2年の上田さんの案が採用された。
名前は町名の由来であるアイヌ語の「クテクウシ」から。然別湖畔のくちびる山を模したカウボーイハット、鹿と牛の皮柄の服をまとい、首には郷土芸能の「白蛇姫舞」にちなんだ白蛇を巻き、手にはオショロコマ(ミヤベイワナ)を持つなど鹿追らしさが満載だ。
性格は「やんちゃだが正義感が強く、何事にも前向き」。好きな食べ物は「鹿追牛」「鹿追そば」など。趣味は乗馬(しかし馬に乗るのは下手)と町のパトロール。「農業を営む傍ら、鹿追の自然を守るヒーロー」と菊池部長。

 産業まつりでのお披露目では、さっそうと登場した新キャラの周りに子供たちが集まり大喜び。来場者も一緒に記念撮影するなどしていた。菊池部長は「反響は上々。町内のイベントに参加するのはもちろん、町外にも飛び出してPRしたい」と語った。同JAは農畜産物のパッケージイラストとしての採用も予定している。

記事を読む

yuru_character at 23:15 |  
イメージ